FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今日もヘルニアと仲良し♪
今日は哀れなmarioをなぐさめに、午後から友達が遊びに来てくれた^^

この日は今月の授業の最終日だったんだけど、授業に来たのはなんと2人だけだったそう・・・
ごめんね、先生。

朝から天気の悪いアヌシー
少しは外へ出たほうがいいと思い、友達を迎えにすぐ近くのバス停まで歩く。
お、なかなか歩ける~と調子に乗りつつ、そのままお昼を買いにこれまたうちのすぐ側にあるパン屋さんへ。

久しぶりにクロワッサンを購入♪
ほぼ毎日のように食べているクロワッサン。
アヌシーの主要なパン屋のクロワッサンをほぼ制覇した結果、うちの近所のこのパン屋のそれが一番美味しい!!
フフフ~なんてラッキーなの~☆

その足でまたまた近くにある薬局へ、昨日ドクターから処方された処方箋を持って行き、薬ゲット!

m3
 左側が医療保険払い戻し請求用紙(これは薬局用、他にも同じ用紙にお医者さんが記入したものもアリ)(feuille de soins)、右側が処方箋(l'ordonnance)

どんなに高い金額を請求されるのかな、、とかなりドキドキしながら小切手帳を握り締めていたら、何とたったの約14ユーロ(2000円ちょっと)。
昨日の診察料と合わせても、50ユーロもしない。


m1
お世話になります
m2
こっちはジェル状の塗り薬


何でここまでビビッてたかというと、フランスで医者にかかるのが初めてなので、まったく金額の予想がつかなかったんです。
頭にあったのは、「保険の効かない歯の治療(※最近では歯の治療もカバーするタイプの保険が出てきています)」の金額ばっかり;

なので、マダムがドクターを呼ぶ前に、
1000ユーロとかかかっちゃうの・・・?
って真顔で聞いたら大爆笑されてしまった;
ここはフランスよ!それに手術する訳じゃないんだから、何言ってんのこの子は!」って・・・

たまにそういう勘違いよくします。。恥ずかしいなぁ。

そうそう、保険と言えば。

日本で1年分の海外旅行保険に入ってきたんだけど、契約書を引っ張り出して確認すると、「他覚症状のないむちうち・腰痛には適用されない」とある。
とりあえずその保険会社のフリーダイヤルに電話して事情を話すと、やはりmarioの場合は事故によるものではないので適用外だと。。
これはしょうがない。。

だけど、こんな時の為に国民健康保険は留学中も継続して払い続けているので、帰国後に役所に申請すれば払い戻しされます。
しかし、、問題はここで出た診断書等に日本語訳を付けないといけない、という点。
自分でやっても良いのか、業者に依頼しないといけないのか・・・
業者に依頼すると、確実に今回かかった診察料+薬代より高くついちゃうんだな;

これはもう帰国後に役所の方に相談するとします。
まーでも、大した額じゃないしわざわざ申請する必要もないんだけど、とりあえず・・・ね^^


今日は遊びに来てくれた友達のおかげで、かなり気分転換できた☆
この友達、インド系のシンガポール人で、marioの大好きなCoccoに雰囲気が似ててとってもサンパ!
シンガポールは常夏の国なので、彼女もここのところの気温の低さにビックリしてます。
二人で、「コレは冬ッスよね!」って超~盛り上がってました。

薬、効いてくれるかなぁ?
日本ではヘルニアの治療で薬を出されたことは1度もなかったから(筋肉を付ける運動や、電気・針治療のみ)、効果が見ものですな!!
スポンサーサイト
【2006/08/31 07:01】 +à Annecy+ | トラックバック(0) | コメント(4) |
ウェルカム、椎間板ヘルニア
aie


去った日曜日。

それは突然やって来た。

にっくき10数年来の宿敵、椎間板ヘルニア!!

というわけで、見事に持病の椎間板ヘルニア復活です><

そうあれは日曜日の朝、洗濯をしようと、洗濯機に洗濯物を入れるって屈んだ時、腰にちょっと違和感を感じたんです。
結構毎回そんな感じだったから大丈夫だろうと思って、そのまま掃除機かけに突入。
掃除し終わって、異常に重いフランスの掃除機をえんやこら物置にしまった後、はい撃沈!

動けない。

いつもは少し休んでればすぐ良くなるんだけど、今回はそうもいかなかった。。
時間が経つに連れて悪化、一旦座るとなかなか立てない、立てば座れない、、、

心配したマダムが鎮痛剤(フランスではメジャーらしい、EFFERALGAN/Paracetamol-鎮痛剤)をくれるも、良くなるわけがなく。


翌日、朝一番に、マダムがかかりつけのお医者さんに電話してくれました。

でも急だった事もあって彼は来られないので、そのドクターが「SOS MEDECINS」(フランスの緊急医療制度)を呼ぶようにと助言したらしく、結果、午前中にSOS MEDECINSからドクターが来てくれました。

とは言っても、簡単な問診・触診+ゆんたくをして、薬の処方箋を出してくれただけ。。
マダムが、注射打たれるはずよ~って言ってたからかなりビビッてたんだけど、肩透かし!
薬飲んで良くならなかったら、病院に行ってレントゲン撮ったりしてもらいなさいって。

運がいいと言っていいのか、先週の木曜日に今月の最終試験は終了していて、最終日となる火曜日までの残り2日は授業らしい授業はきっと行われないので、ちょっとは救われたかも・・・


余談ですが、お家に来てくれたドクター(推定年齢45歳、あとからマダム(49歳)に「若かった!?」って聞かれて、ううん、45歳くらいかなーって答えたら、45歳は若いわよー!!って;ですよね、すいませんでした;)、数年前までタヒチに派遣されていた事があるらしく、そこでたくさんの日本人を診たと言ってました。
何でも、新婚旅行で来るカップルが多かったらしい。でもほとんどの日本人がフランス語はもちろんの事、英語も話せない人が多かったから大変だったよーと言ってました;
やっぱり、英語は世界共通語。緊急のときの為の単語や基本的な会話は習得しないといけませんね。

というか、日本の英語教育はいったいいつになったら改善されるのかな?
6年間義務で習っても、お遊び程度のレベルにしかならないのはほんとに問題。
おっと、この話しは熱くなりそうなのでまたいつか・・・


そんなこんなで、留学生活残り一ヶ月、素晴らしいスタートを切りました;;

明日はドクターが出した処方箋を持って、薬をゲットしに行って来ます。
マダムは仕事があるので、薬局がの空いている時間帯に帰って来れないから自分で行くしかないのです。
でも家からすぐの場所に薬局があるんだな!良かった~。

では、次回のヘルニア闘病記2をお楽しみに。。

【2006/08/30 01:04】 +à Annecy+ | トラックバック(0) | コメント(6) |
JAZZ!
Festival d jazz


昨日、うちのマダムと、その娘ちゃんカップルの4人で、JAZZライブに行って来ました!

場所は、アヌシーから北西へ車で30分ほど走った所にある小さな村、Clermontにある16世紀のお城、Chateau de Clermont

Chateau de Clermontでは今年、6月17日から8月27日まで2ヶ月間に渡って『Itineraire BiS』という、音楽、演劇、サーカス、映画といった様々な催しを提供しています。
しかも全て、お城の中庭で開催されるんです!日没の少し前からイベントは開始され、終わるころにはもう日付も変わった頃、、といういかにもフランスならではのイベント!

実は、ブログに書くのをすっかり忘れていたんですが、去る7月15日にもこのプログラム中の一つ『Encore plus de gens d'ici』という演劇も見てきました。
ステイ先の娘ちゃんが駆け出しのダンサーなんですが、その演劇に出たのでマダムに誘われて見に行ってきました。

その話は後々するとして、まずは昨日のJAZZライブの話!!

最近JAZZにどっぷりはまっている私。

娘ちゃんの演劇を見に行った時にプログラムをもらったんだけど、その時にバッチリJAZZライブがあるのをチェック!
このライブは3日間構成で、「FESTIVAL DE JAZZ DU CHATEAU DE CLERMONT EN GENEVOIS 」というプログラム。アヌシーのJAZZクラブ主催だそう。
アヌシーにはJAZZ Clubがあるんですねぇ。

でもChateau de Clermontはものすごい田舎にあって、友達同士でも車がなければ絶対に来られないような辺鄙な場所・・・
マダムにお願いしてみようかな~って思ってるうちに月日は流れて、気づけばライブ直前。
そんな時、なんとマダムが一緒に見に行かない??って誘ってくれたんです☆念ずれば花開く!!
というのも、娘ちゃんの彼氏がトロンボーン奏者で、プロとして活動しているのもあったり、マダムがこのライブの主役、コントラバス奏者のMonsieur Jacques VIDALの写真を
プログラムで見て一目惚れしたり、、と他にも色んな縁が重なって、今回皆で行く事になったんです♪

道中、事故があったらしく道路は大渋滞。。
30分遅れで会場のChateau de Clermontに着いたけど、機材トラブルがあったらしくまだライブは始まっていない!これまたラッキー^^

結局45分押しくらいで1部が開始。

1部は「Jeremy Tordjiman Project」という、平均年齢26、7歳の5人構成(トランペット・ギター・ベース・エレクトーン・ドラム)の若いグループ。
まだJAZZの歴史や細かいジャンルには疎いので、単にあぁ~これは現代的なJAZZの型だなと受け止めたんだけど、かなりノリが良くて楽しかった!
何より皆笑顔満載!素敵でした。。でもやっぱり、エレクトーンよりは生ピアノがいいな。

30分の休憩を挟んで(もちろんここでビールを一杯)、2部はいよいよナイスガイJacques Vidal率いるMingus Spirit(Jacques Vidal Septet 7人構成)!
1部とはまるっきり違って、メンバーは皆おじさま達。表情は変わらず皆あまり観客席も見ず黙々と演奏。そして演奏中、自分がプレイしない時は自由に舞台裏にさがったり出てきたり・・・
自由すぎるライブにちょっと最初はビックリ。

でも、ライブは圧巻。これがプロというものなんだ、て感じで、正直感動しすぎて硬直して動けなかった;

1曲1曲にそれぞれのパートの見せ場があって、それはそれですごかったんだけど、何より全ての楽器の音が完璧に1つになる時の爽快感!!
音楽って、こうやって生で聴くとますますその魅力にはまっていくのを改めて実感したなぁ。。。
そしてやっぱりJAZZは素晴らしい!JAZZを生み出したニューオーリンズに感謝!

Chateau de ClermontのJAZZライブは8月27日まで、お近くにお住まいの方はぜひぜひ足を伸ばして下さい^^

Jaques Vidal : http://www.jacquesvidal.com/

Le Jazz Club d'Annecy : http://jazzclubdannecy.site.voila.fr/


ライブ終了後、何と一部のお客さんを交えて、ライブの出演者も一緒にちょっとしたパーティーがありました☆
こういう所に、フランス人の粋な計らいをいつも感じます。


余談ですが、哲学者のジョン・ポール・サルトルがJAZZについて語ったこういう一節があるそう。

"Le jazz, c'est comme les bananes, ca se consomme sur place..."
(ジャズとはバナナと同じで、皮を剥いたその場で食べなければならない...)

サルトルに一票!
【2006/08/26 08:23】 +à Annecy+ | トラックバック(0) | コメント(6) |
たまには夜遊び
fete1
PHOTO①:昨日のメンバー!スウェーデン女子3人+ノルウェー女子1人+コロンビア、アメリカ男子。

fete2
PHOTO②:めっちゃんこ大好きな友達☆

fete3

PHOTO③:皆さんカオがすごい事になってるね。



昨日は久々に夜遊びしたよん!

友達んちに集まって、軽く飲んでおしゃべりした後に、旧市街
あるクラブへ。って言っても、バー+DJがいるちょっとした
社交場??みたいなとこ。

同じ学校の顔見知りの子達も結構いて、なかなか楽しかったー。

このクラブ、入るのはタダ。
踊るだけでもタダ。
ドリンクは飲みたきゃ飲めって感じの雰囲気;

でも入口でしっかり持ち物チェックは入ったなぁ。
ここんとこ、やっぱり日本とは違うよね。

曲は、イマイチだった。。
ひたすらリミックス系で、流れがイマイチ分からんかった。
だからあんまし踊ってない、残念~。

ところで、フランスって、皆あまり夜遊びしないですよね?

沖縄にいると、夜23時過ぎてから呼び出しかかって飲みにいったりする
のは日常茶飯事だし、お店も朝まで開いているのが普通だから、フランス
にいると夜のあまりの人気の無さに初めの頃はかなり戸惑ったなぁ。
(パリはまた例外かもしれないけど。)

また、アヌシーは小さな街だけど年中観光客で溢れていて、常に活気の
ある街だから、昼と夜のこのギャップの大きさになんだかちょっと怖く
なりました;

まぁ、最終のバスが20時っていうのも夜人影がなくなる理由の一つかな。。
(ちなみにナイトバスなるものも一応2線あって、それは1時頃まで運行してます)

【2006/08/13 06:22】 +à Annecy+ | トラックバック(0) | コメント(2) |
パエリア
スペイン人のクラスメートに、

パエリアって、家で作れるの?」

って冗談半分で聞いたら

「もちろんさっ」

って即答されたよ。


マジー???

marioの中で、パエリアはスペシャルウルトラ級に手間ひま
かかる料理なんですけど!

来週あたり、招待してもらわなきゃな・・・
どうやって攻めようかな、

お米あまってるんだけどさぁ~

とか言ってみたらどうかな。
【2006/08/05 07:30】 +à Annecy+ | トラックバック(0) | コメント(2) |
もう冬ですか?
今日の最高気温、17度ってオイオイ!

沖縄の冬並みに寒いんですけどーーーーーーーーーー!!!


ステイ先のマダムに、

マフラー巻きたい。」

って言ったら

「No~ Pauvre Mario~(おぉーかわいそうなmario~)」

って言われた。


いやいや本気ですから!
おまけに雨も降ってるし、、カゼひきそ。
【2006/08/04 07:29】 +à Annecy+ | トラックバック(0) | コメント(2) |
8月の講座がスタート
今日は8月のクラス分けが貼り出される日。

掲示が確か16時ごろだったと記憶していたので、お昼過ぎに家を出て
掲示の時間まで市立図書館へ勉強しに出かけました。

昨日のお昼に友達とケバブを食べ、しかも夕飯にはピザを出されるという
ナンとも重い食事をしてしまった(出されたものは断れないタチで;)ので、もちろん図書館までは家から徒歩でてくてくゆっくり時間をかけて歩いていきました。

といっても賞味20分くらいかな?

途中、寄り道しまくって(もちろんSolde目当てね!)、結局図書館に着いたのは家を出てから1時間半後

2時間ちょっとそこで勉強したり読書したり、貸し出しCDをあさったり。
それからスーパーに寄って、うじゃうじゃいる観光客の波をかきわけ学校へ。

7月はクラスが15クラスもあったんですが、8月はグンと減って10クラスしかありませんでした。
1クラスはだいたい15人程度。

この学校、7月の時点で気づいていたんだけど、クラス分けがかなり雑な気がする。。
下のクラスに関しては分からないけど、上のクラスは皆やっている内容も一緒だっていうし、何を基準に生徒を振り分けているのかイマイチ分からない。

夏の間だからこうなのか、それとも各セメスターでもこうなのか・・・

もし常にそうだとしたら、あまりお薦めは出来ない学校かも
厳しく言わせてもらうと、先生のモチベーションも低いんですよ!!

私疲れてんのよ

とか

この動詞の活用形知らないわ~

とか

平気で言っちゃいます。


くぉら!
こっちゃーはるばる遠い異国の地から来てるんじゃい!

しかも大金はたいてるんじゃ~!!


あぁ、その点ほんとにCIDEFは素晴らしい。

でもだからってアンジェに帰る気はまったくないんだけどね^^;


明日は新しいクラスメート、新しい先生との初対面。
いいクラスでありますように・・・
【2006/08/03 05:39】 +à Annecy+ | トラックバック(0) | コメント(4) |
ちょこと断髪!
おととい髪切りました。

同じお家にステイしてるスウェーデン人のMalineに切ってもらったのよ!

カミソリor隙バサミがないから、結構大変そうだったけど
結構うまく切ってくれて感激。

フランスに来て伸ばし放題、痛み放題で死に掛けていた髪、、
やっと生気を取り戻した感じ!

久しぶりに前髪作ったよん。
若返ったかなー。
【2006/08/01 05:09】 +à Annecy+ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。